ピンクリボン運動について

1980年代、アメリカからスタートしました。

ピンクリボンは、乳がんにおいての早期発見・早期診断・早期治療の重要さを伝える為のシンボルマークになります。
この運動は、8人に1人の女性が乳がんになるといわれているアメリカにおいて、1980年代から盛んになりました。
現在、乳がんは、早期発見することができれば95%が治癒可能だと言われています。そのため、市民団体、企業、行政等、乳がん早期発見を啓発するイベントを展開し、ピンクリボンをシンボルにした商品等を販売し、収益を研究団体に寄付したりする運動が積極的に行われました。
その運動のため、人々の関心から検診率も高まって、その結果により、乳がんによる死亡率は低下しました。

日本における乳がんへの関心

日本人女性の20人に1人は乳がんになると言われております。しかし、乳がんへの関心が低いため、検診率も低く早期発見することができずに進行してしまい、がんになるケースが多いというのが現状なのです。よって、乳がんで亡くなる女性の数も近年急増です。患者数の推計を見てみますと、30歳台後半から急激に増加し、45~49歳がピークとなります。他の主ながんは60歳代以降がピークになることから、乳がんは早い年代になるのことが特徴のようです。乳がんは女性ホルモンの乱れが原因といわれており、現代の日本人女性は、昔に比べて女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受ける期間が長くなっていることであったり、高カロリー、高脂肪の食生活も影響していると考えられているのです。「私には関係ない」というのは絶対にありません。

乳がん検診

一般的に乳がん検診といえば、視触診によって「しこり」の有無を見たり触ったりして確認する方法が、今までは主流になっておりましたが、最近では視触診だけでなく、画像診断装置を利用し、視触診だけでは見つけにくい「しこり」になる前の小さな乳がんであったり、「しこり」にならない乳がんの発見ができるようになってきております。
万が一、乳がんが発見された場合、他部分への転移、治療後の再発を早期に見つける検査方法の開発も進化しております。自己検診、視触診に加え、定期的にマンモグラフ(乳房X線撮影装置)や超音波診断装置での画像診断を受けることが、乳がんの早期発見に繋がります。

株式会社スプラウト 小倉秀章 からのごあいさつ

 

現在、20人に1人の日本人女性が乳がんになると考えられており、乳がんの死亡数が年間で約1万人になります。 私たち、スプラウト では全国でピンクリボン運動を様々な形で運営・活動をしている個人・団体をサポートする為に、スプラウト ピンクリボン運動サポートキャンペーンと題して活動を開始いたしました。

  • あなたの大切な人が乳がんになったら・・・
  • あなたの大切な人が乳がんで亡くなったら・・・
  • あなた自身が乳がんになったら、まわりの人がどれだけ心配し、悲しむか・・・
この運動をきっかけにして、自分ごとと捉えてください。
そして、あなたの力を貸してください。
小さな波も集まれば大きな波となり、その大きな波が人々を包み込みます。
そして安心という波があなたにも、あなたのまわりにも広がります。
みなさまの力をお貸しください。
One For All. All For One.
2018年5月25日